臨床心理士は文系です。

精神科医は生物学を学んだ理系です。


私は骨折したら、医師のいる整形外科に行きます。心に問題が生じたら医師に罹るのが自然だと思います。


臨床心理士を国家資格にすると怖いのが素人が症状を扱ってしまうことです。しかも健康保険を利かせようものなら、医療費の増大を招きます。


臨床心理士は京大の故河合隼雄さんが文科省と癒着して準国家資格を作り出しました。それは患者のためというよりも臨床心理士の仕事(雇用)を作り出すためです。


最終的な利益は患者さんです。臨床心理士の利権、雇用、収入のために善良な患者さんが餌食にされるのは悲しいですし憎むべきことです。



私は自身が臨床心理士のカウンセリングによって症状が悪化した当事者ですので断固として反対します。


小沢牧子さんの心の専門家はいらないも御一読下さい。